日常生活に英会話学習を取り入れられる効果的な8個の方法


日常生活に英会話学習を取り入れられる効果的な○○個の方法
机に向かって単語帳を開き英会話の勉強って、なんだかやる気がでませんよね。勉強ってなるとやる気をなくしてしまうそんなあなたに、おすすめの勉強方法があります。それは、普段の生活に英語を取り入れるということです。ここでは、日常生活に簡単にとりいれられる、英語を学ぶのに効果的な方法を紹介します。

簡単!日常生活に取り入れるだけで上達する8個の方法!

1.朝は洋楽を流す

朝は忙しく時間がありません。その上寝起きで勉強をするのは気が重いですよね。そんな朝は洋楽を流すようにすると良いでしょう。好きな洋楽を流すだけでいいため、「勉強している」という気分になることはないでしょう。歌詞を覚えて歌えるようになれば、より良いです。

2.トイレに単語用紙を張る

トイレはプライベート空間であり、トイレに長居するという人も多いのではないでしょうか。誰にも邪魔されることなく落ち着いた空間を確保できるトイレを、英語の学習スペースにすると良いかもしれません。単語が書かれている用紙を壁に張り、5~10分の間に単語をいくつか覚えるようにしましょう。

3.英語の新聞を読む、英語ニュースを聞く

朝の恒例行事として、新聞を読んだりニュースを聞いたりしている人もいることでしょう。それらの朝の恒例行事を、全て英語のものにしてみるといいでしょう。新聞の場合はリーディングが上達し、ニュースを聴く場合はリスニングが上達します。

4.英語でスケジュールを描く

女性の方は、スケジュール帳を利用しているという方が多いのではないでしょうか。スケジュールだけでなく、カレンダーに書くのも1つの手です。「誰々とランチ」「買い物の日」などちょっとしたスケジュールを英語で書くようにしましょう。また日記を書く習慣がある人は、日記を英語で書くようにしましょう。

5.お風呂に単語用紙を張る

湯船に浸かる人、シャワーだけで済ませる人などお風呂の入り方は人それぞれです。しかし湯船に浸かる人やシャワーだけで済ましてしまう人でも、その時間を英語の勉強ができることは確かです。防水のファイルなどに挟んだ単語用紙をお風呂の壁に張り、湯船に使っている時やシャンプーをしている時、体を洗っている時などに単語を覚えるようにしましょう。

6.洋画は字幕で観る

洋画を吹き替えにして観ていませんか?吹き替えで観るという人は、せっかく生の英語が聞ける機会を無駄にしていますよ。洋画では学校では教わらない言い回しや、独学では決して学ぶことができない独特の発音などを習得することができます。

7.外国人と交流をもつ

外国人と交流を持ち、英語で連絡を取り合ったり、英語で会話をしたりするようにしましょう。1人でも英語を勉強することはできますが、ネイティブスピーカーと仲良くなり、気になる英語の意味を教えてもらったり間違いを正してもらったりすることで、1人で勉強するよりも上達がはやいです。

8.スマートフォンの設定を英語にする

今はスマートフォンを持っていて当たり前という時代になっています。便利な機能が多く、通勤中や休憩中などに、ついつい利用しまうという方がいるのではないでしょうか。スマートフォンをよく利用するという人ほど、設定を英語にするようにしましょう。英語にすることで、スマートフォンの中で使用されているちょっとした単語を、覚えることが出来ます。またマップなどの案内が英語案内になるため、リスニングの勉強にもなることでしょう。

おわりに

勉強となるとやる気がなくなってしまい、英会話が上達出来ないという方は少なく無いでしょう。そんな人におすすめの勉強方法が日常生活に取り入れるという方法です。洋画を字幕で観るようにしたり、英語の新聞を読んだりするだけでも英会話の勉強に役立ちます。ここで紹介した8つの勉強方法は誰でも気軽に行えるため、1度ためしてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
駅前不要論

駅前不要論

英会話の勉強は駅前だけじゃない!英会話の勉強方法教えます。