そもそも英会話教室は必要か?その実態とは


そもそも英会話教室は必要か?その実態とは
あなたはどの程度まで、英語を話せるようになりたいですか?バイリンガルを目指している方は、英会話教室に通うことを検討している方もいるかと思います。しかしバイリンガルを目指している方にとって、英会話教室は必要ないものだといえます。ここでは英会話教室の実態について説明します。

英会話教室はお金の無駄!?

とある調査では、英会話教室に通うことで「英語が話せるようになるわけではない」という結果がでています。英会話教室は時間とお金がかかるわりに、その成果を得ることが難しいのです。これには3つの理由があります。

1.やった気になってしまう

英会話教室の通っていることで、英語を勉強しているという安心感が生まれます。週に数時間のレッスンで、英語を勉強しているという気になってしまい、それで満足してしまう人が多いのです。週に数時間、英語を勉強しただけでは、英語がペラペラと話せるようになることはありません。わたし達が日本語をペラペラと話せるのは、常に聞き常に話しているからです。つまり英語をペラペラと話せるようになるには、常に聞き常に話せる環境にいることが大切なのです。

2.知識を得る量が少ない

英語の知識が少ない人は、英会話が短いという特徴があります。例えば「昨日は何をしましたか?」と聞かれた場合、英語の知識が少ない人は「友達と映画を鑑賞しました。」「イタリアンを食べに行きました。」程度の英会話しかできないことでしょう。しかし英語の知識が多い人は、「友達と映画を鑑賞した後に、イタリアンを食べに行きました。◯◯というお店に行ったのですが、このお店のカルボナーラがとても美味しかったです。」といった具体的な英会話をすることができ、相手との話しもはずみます。そして英語の知識を増やすには、英会話教室に通うよりも独学のほうが、効率がいいのです。
時間が限られている英会話教室では、数えられる程度の単語しか学習することができません。しかし独学であれば、学習に使う時間が無制限のため、英会話教室に通うより、学習できる単語の数が多いのです。

3.用意された状況しか対応できない

英会話教室の先生と、授業中に英会話をスムーズに行うことができるようになったという方でも、いざ海外旅行に行った時や海外に住み始めた時、世間話しが出来なかったという方が少なくありません。これは英会話教室が用意した状況しか対応することができないのです。そして残念ながら、英会話教室と全く同じような状況になることは、ほとんどありません。生活していく上で台本なんていうものはなく、わたし達が普段日本語で自然と会話するように、英語も自然と会話するものです。そのため英会話教室で教わらなかった英語が実際に使われ、それらの英語を結局学習しなおさなければいけないのです。

通うことは無意味ではない!

英会話教室に通ったからといってペラペラと英語が話せるようになるわけではありません。しかし通ったことは無意味にはなりません。外国人と会話をすることで、自信に繋がります。また外国人と会話する機会を作ることで、いきなり海外旅行に行き、外国人と会話をするよりは緊張することもないでしょう。バイリンガルになるために英会話教室に通うことはおすすめしませんが、外国人との交流を楽しみたいと思っている方にはおすすめの場でもあります。

おわりに

正直バイリンガルを目指している方にとって、週に数時間しか英語を勉強しない英会話教室に通うことはおすすめしません。わたし達も生まれた時は日本語が全くできませんでしたよね。しかしお母さんやお父さん、周りの人たちが常に日本語を話していたため、わたし達の耳に自然と日本語が入り、日本語を話そうと努力したことで、日本語が話せるようになったのです。
バイリンガルを目指している人にとって最もいい学習方法は、常に英語を聞き話す環境をつくることです。

The following two tabs change content below.
駅前不要論

駅前不要論

英会話の勉強は駅前だけじゃない!英会話の勉強方法教えます。